Webコンサルタントに学ぶWeb活用術

この画面は、簡易表示です


インバウントマーケティング

従来型のマーケティング手法は自社の商品やサービス事態の情報を
配信する方法でしたが、従来の方法は消費者やユーザーに押し売り
のような感覚をもたらしていると考えられるようになりました。

スマホが普及したことにより、今では知りたい情報は誰でも簡単に入手する事が
できるようになったため、単発の情報に価値が無くなってきています。

そこで、消費者やユーザーが今求めている情報になるのが、企業が提供する
商品やサービス事態の情報ではなく、それを手にする事によって自信にどんな
メリットがあるのか、他の消費者やユーザーはどの様に使用しているのかという
情報です。

インバウントマーケティングとは消費者やユーザーに情報を押し付けるのではなく
消費者やユーザー自身に情報を探させ、より興味を引き付ける手法として
知られています。

Web制作において、よりユーザーに興味をいだかせ、惹きつけるコンテンツ配信は
SEO対策としても効果が高く、多くの企業でマーケティングの手法が見直されています。




ECサイトとオムニチャネル

現在、ECサイトの売り上げはもはや、実店舗の売り上げに
並ぶ程になり、販売業者もECサイトの存在は無視できない存在となっています。

その、原因として、スマートフォンの普及が大きく関係しています。
スマホの普及により消費者は、いつでも、どこでも、好きな時に
商品を購入する事が出来る時代となりました。

Web制作においてもモバイルへの対策は非常に重要なものとなり
インターネットへのアクセスはPC端末だけのものではありません。

しかし、Webサイトがいかにユーザーにとって有益な物であっても
それを使用する組織形態が出来ていなければ、宝の持ち腐れです。

そこで、今多くの企業が注目しているのがオムニチャネルという考え方です。
オムニチャネルとは、あらゆる顧客との接点という意味。

実店舗とネットのユーザーを別々に考えるのではなく、
それぞれに適したユーザーへのサービスを提供できるように対策を取ることが
何より重要なプロセスとなってきています。

今後、自社における全てのユーザーへのマーケティング活動はもちろんですが
顧客一人一人に最も適したサービスを提供していく事が、全ての企業において
重要になってくると、考えております。

 

 




ハンバーガーアイコン

モバイルサイト等で、「三」こんなアイコンをよく目にされると思います。
このアイコンはハンバーガーによく似ていることから、ハンバーガーアイコン
と呼ばれています。

facebook等のメニューアイコンとしても採用されていましたが
この、ハンバーガーアイコンによるメニュー表示はコンバージョン率を
下げていると最近は考えられています。

ハンバーガーアイコンによるメニュー表示を使用した際の
メリットとしては、ユーザーがクリックするまでメニューバーが
表示されない為、Web制作の際に、メニューに費やす
スペースを確保しなくてよいため、画面上のスペースが
広くなり、より多くの情報を表示できます。

しかし、ハンバーガーアイコンはクリックするまで
メニュー内容がユーザーにはわからない為、
ユーザーに初期行動を起こさせにくくなり
サイト内で迷子になりやすくなってしまいます。

2015年には、トレンドのメニューアイコンとして
一世をふうびしましたが、2016年からは、
ユーザビリティの高いインターフェイスが必要となるでしょう。




Instagramコンテンツ配信

日々変化するWeb環境の中でWebの活用方法も年々変化しています。

2015年には、スマホが幅広く普及した事により、多くのユーザーが時間・場所を問わずインターネットに
アクセスできるようになりました。
それにより、現状インターネットにモバイル端末からのアクセスが急増しています。

Googleでもページ設計がスマートフォンでの閲覧基準を満たしているWebサイトを「モバイルフレンドリー」
と呼ぶようになり、モバイルフレンドリー化させていないWebサイトはスマホ検索で不利になると発表しています。

そこで、多くの企業が自社のセールスプロモーションにSNSを利用するようになりました。
数あるSNSの中でいま日本で人気が高まってきているのがInstagramです。

Instagramが他のSNSチャンネルと異質なところは、写真がメインの情報であるという事です。
他のSNSチャンネルも、もちろん写真の投稿は出来るが特性として、文字や文章の情報がメインとなっているようです。

インバウンド経済に移行していくなか
様々なインバウンド対策に対応していかなければならないWeb制作においても
Instagramは低コストで良い写真を配信すれば外国人ユーザーとの
エンゲージメントを高めるられるツールとして活躍が期待されている。




SEO対策の重要性②

前回引き続き今回もSEO対策についてご紹介します。

2016年からは多くのWebサイトでモバイル端末からのアクセスが急増すると予測されています。
2015年にスマートフォンが広く普及した事により、多くのユーザーが時間・場所を問わずインターネットに
アクセスできるようになりました。

それにより、Web制作においてもモバイルへの対応は年々重視されています。
Google側もページ設計がスマートフォンでの閲覧基準を満たしているWebサイトを「モバイルフレンドリー」
と呼ぶようになり、モバイルフレンドリー化させていないWebサイトはスマホ検索で不利になると発表しています。

今後、Webサイトへのモバイル端末からのアクセスは更に増え続けると予想されている中
ホームページのモバイルフレンドリー化はもちろんですが、スマートフォンでのSEO対策が重要となると考えられます。

 




SEO対策の重要性

今日はECサイトにおけるSEO対策の重要性についてご紹介いたします。

マーケティングには「AIDMA(アイドマ)の法則」という理論があり、「AIDMA」とは
「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の略で
消費者が商品やサービスを購入するまでの行動プロセスを表したものです。

しかし、インターネットが普及した現在では消費者の購買行動も大きく変わってまいりました。
ネットユーザーにおける購買プロセスは「AISAS」アイサスと称され
これは広告代理店の電通が提唱している理論ですが、「AISAS」は
「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Search(検索)」「Action(行動)」「Shsre(情報共有)」の略です。

今現在、ネット利用者の約8割のユーザーは自信に起きた問題を解決する時や
何か気になることがある時に、ネットを利用しています。

よって、消費者も興味や関心があれば、まずネットを利用し、その際
お目当ての商品やサービス、それに付随するWebサイトが見つかればそこから購入に繋がり
さらに、SNSの普及により消費者は購入後、その情報をネット上で共有します。

つまり、自信が運営するECサイトが検索エンジンの上位に表示されなければ、消費者からのアクションは
全く期待は出来ません。

大企業のように広告に大量の費用を投じることが出来れば話は違ってきますが
中小企業など広告にコストを割けない場合はWeb制作
によるSEO対策こそ、最も低コストな広告戦略と言えるでしょう。




インターネットとホームページ

Web制作を行う前に、まずホームページを作る目的な何か、目的を達成するにはどの市場が最適か、
目的となるターゲットは誰か、この3つを明確にする必要があります。

これは、ホームページだけの話ではなく、全てのビジネスに共通して言える事です。
企業にとって、ホームページとは会社のイメージであり、ビジネスツールであり、顧客との繋がりでもあります。

インターネットの普及により、今や知りたい情報は時間や場所を問わず誰でも簡単に調べ入手することが出来ます。
また、SNS等の普及により、ネットは情報の入手だけではなく人々の社交の場にもなりました。

つまり、会社が現実のホームページなら、ホームページはネット上の会社です。
会社を作る前に、目的・市場・ターゲットを明確にしない人はいないでしょう。

インターネットは今や世界中の人をつなげています。
企業のマーケティングもここ10年で大きく変わり、今やネットでのマーケティングは、
企業において必須項目となりました。

ネット上でのマーケティングを成功させるためにも、
自社のホームページに違和感を感じているのなら、まずは上記の3つだけでも、
見直されては如何でしょう。

 

 




コメント

前回に続き今日はFacebookのコメント機能についてご紹介させて頂きます。

ソーシャルマーケティングにおいて多くの企業がFacebookを利用しているのは、このコメント機能があるからこそだとも言えます。
Facebookでは投稿した記事に対してユーザー(消費者)が気軽に個人の意見を書き込めます。

前回、書かせて頂いたように投稿した記事に「いいね」を集める事も重要ですが「いいね」を集める目的は投稿した情報をより多くの人に配信することが目的です。
配信した後、より多くの消費者からコメントを集める事こそがソーシャルマーケティングに繋がります。

企業やお店にとって消費者が求めている【ニーズ】はマーケティング活動において何よりも重要な情報です。
自社を利用してくれているお客様は自社にどのようなサービスや商品を求めているのか、それをどのような形にして提供するのか
このような情報を入手するのにFacebookは利用しやすいコンテンツだと言えます。

Facebookは社会における社交の場がそのままネットに置き換えられているコンテンツだと言えます。
Web制作、ホームページ、などと併用で利用しFacebookの機能を理解することによって企業のマーケティング活動に大いに役立つでしょう。




「いいね」

前回、Facebookについて書かせて頂いたので
今回はFacebookの「いいね」についてご紹介させて頂きます。

Facebookには企業用のアカウントが存在し、
企業用のアカウントではFacebook上に自社のページを設けることが出来、
このFacebookページに「いいね」を集める事が重要となります。

Facebookページでは「いいね」をしてくれたユーザー全てに投稿した情報が配信され、
「いいね」を集めれば集めるほど企業側は多くのユーザーに直接情報を配信できます。

Facebookを利用されている方はご存知と思いますがFacebookでは他のユーザーと友達になる機能があり、
他のユーザーと友達になるには、リクエストを送り承認されなければなりません。
つまり、お互いの了解が必要となるわけです。

Facebookページに対しユーザーAが「いいね」をすると、ユーザーAの友達には【ユーザーAがFacebookページに「いいね」をしました】
という情報が配信されます。
この機能があるからこそFacebookでは情報が拡散しやすく、多くの企業がWeb制作の際にホームページを
Facebookに連動させています。
自分の友達が「いいね」と言っている情報って気になってしまいませんか?

では、次回はコメント機能の利用方法をご紹介させて頂きます。




Facebook

現在、Web制作の際にホームページとFacebookを連動させる事が主流になってきており、多くの企業が
Facebookの機能を利用するために自社のFacebookページを作成しています。

Facebookでは、アカウント間のエンゲージメントが非常に高く、ページや投稿に「いいね」や「シェア」を
集めれば集めるほど情報を拡散させる事が出来るため、多くの企業が自社のHPブログ等を
Facebookに連動させ情報の拡散に利用しています。

また、Facebookの利用者は世界中で約14億人も存在しFacebookページは第二のホームページ
といえます。

そのため、Facebookからホームページに流れてきている訪問者も多くHPのアクセス数を伸ばす事にも
利用されています。

Facebookは商業用Webコンテンツとして今後さらなる機能が追加されていくと思われます。
アカウントをお持ちでない方は遊びがてらに登録されてみてはいかがでしょうか。